スポンサードリンク
Home >> 愛犬の健康管理 >> コロナウイルス性腸炎とは

コロナウイルス性腸炎とは

  今回は「コロナウイルス性腸炎」について説明します。


 コロナウイルス性腸炎の症状


 コロナウイルス性腸炎の症状は、下痢や嘔吐、食欲不振、脱水症状などです。このコロナウイルス性腸炎の症状は、パルボウィルス感染症という別の犬の病気の症状とよく似ています。そして、コロナウイルス性腸炎が発症するまでの期間としては、犬の体内にウィルスが侵入してから数日の潜伏期間があります。


 コロナウイルス性腸炎の原因


 コロナウイルス性腸炎は、ウイルスの一種である「イヌコロナウイルス」に感染することが原因で発症します。ほとんどの場合、コロナウイルス性腸炎に感染しているほかの犬から感染するのですが、具体的には、コロナウイルス性腸炎に感染したほかの犬の嘔吐物や糞便に、鼻や口が接触することで感染してしまうのです。このイヌコロナウイルスはとても感染力が強く、パルボウイルスと同時に感染すると致命傷になることがあるので注意が必要です。

             


 コロナウイルス性腸炎の予防法


 コロナウイルス性腸炎の感染から愛犬を守るのに最も効果的な方法は、やはりワクチン摂取することです。そして、きちんとした衛生管理を行うことや、不用意にほかの犬と遊ばせないことなど、日常から心配りをしてあげることが必要です。

adamn360 | - | trackbacks(0) | pookmark | category:愛犬の健康管理
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback

Sponsored Links

Entry

Category

愛犬のしつけ人気ランク

1位
遠藤和博の犬のしつけ講座
遠藤和博の犬のしつけ講座
2位
森田誠の犬のしつけマニュアル
森田誠の犬のしつけマニュアル
3位
藤井聡が教える犬のしつけ教室
藤井聡が教える犬のしつけ教室

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

Archives

Feed

Mobile

qrcode